Alpha Tau Medical社、アルファ粒子線によるブラキセラピー(小線源治療)の治験結果をASTROで発表

Alpha tau medical 社(イスラエル)は、10月23日にアメリカ、テキサス州サンアントニオで開催されたAmerican Society for Therapeutic Radiation Oncology (ASTRO:米国放射線腫瘍学会)において、アルファ粒子線による小線源治療“Alpha DaRT Treatment”の治験結果を発表しました。

ヘカバイオは、Alpha Tau Medical Ltdとのパートナーシップによってこのアルファ粒子放射線による全く新しい固形癌治療の日本への導入を手掛けています。

イスラエルで実施された臨床結果は、30~45日間の経過観察が完了した15人の被験者のもので、完全奏効が73%、部分奏効27%(反応率100%)という結果になりました。被験者の中には手術を受けることが難しい健康状態の高齢患者や放射能治療を受けたが結果が思わしくなかった患者さんもあり、入院を必要としない部分麻酔による通院治療が可能となり、患者さんの負担を軽減できることが実証されました。


治験の内容については下の学会発表のポスターをご参照ください。


*日本語版ポスターについて

この資料はAlpha Tau Medical社が発表したポスターの翻訳であり、参考資料として提供するものです。正式言語は英語であり、その内容及び解釈につきましては英語版を優先します。




最新記事

すべて表示

AlphaTau Medical LtdとHealthcare Capital Corp.が合併し、アルファ粒子線照射による固形腫瘍の治療に焦点を当てた10億ドル規模の上場企業を設立

ヘカバイオ株式会社のパートナー企業であるAlpha Tau Medical Ltd は7月9日(現地時間7月8日)に、Special Purpose Acquisition Company(特別買収目的会社)であるHealthcare Capital Corp.(Nasdaq:HCCC)と共に上場企業を設立し、2021年末にかけてNasdaqへ上場すると発表しました。 両社によるプレスリリースはこ

ポリープ状脈絡膜血管症(加齢黄斑変性症の一種)の先進的治療を開発するSalutarisMD社とライセンス契約を締結

ヘカバイオ株式会社(以下、ヘカバイオ)は、加齢黄斑変性症の中でもアジア人に多いポリープ状脈絡膜血管症(PCV)の治療のため開発されたBetaCurveの日本におけるライセンスおよび商業化の契約をSalutaris Medical Devices Inc.(以下SalutarisMD社)と締結しました。 同社が開発したBetaCurveは、Sr90(ストロンチウム90:放射性同位元素)を用いたβ線を

新株発行により4億円の資金調達を達成

ヘカバイオ株式会社(東京都中央区日本橋本石町3-3-16)は2021年1月29日付にて4億円の第三者割当増資を行いました。 今回の増資により調達した資金は、今後当社が開発を手掛けるポートフォリオを拡充させるために活用いたします。 当社は、人々の医療と健康への貢献を使命として、世界への窓口として日本にベースに置き、海外の製品の導入に特化して開発や市場化を行っています。がん、線維性疾患、自己免疫性炎症