ヘカバイオ、ヴォーパル・テクノロジーズの株式50%を取得

ヘカバイオ株式会社(東京都中央区、代表:クレア・ロバート・エヴァンズ)は2019年4月8日付けで、ヴォーパル・テクノロジーズ株式会社の株式50%を取得し、当社のグループ会社の数は6社となりました。


ヴォーパル・テクノロジーズは、革新的医療技術プログラム分野における臨床開発、薬事申請、保険適用コンサルティングの第一人者です。ヴォーパルの強力なサポートにより、海外のMedTech企業は、独自のブランド名で薬事承認を取得し、維持することにより企業価値を大幅に高めることが可能になりました。


ヘカバイオはヴォーパルとのシナジー効果により、より効率的な業務遂行が可能となります。 海外の全てのMedTech企業にとってヘカバイオとヴォーパルは、日本を焦点とするエコシステムのキープレイヤーとして今後、より重要なパートナーになっていくと確信しています。



ヘカバイオ株式会社について

ヘカバイオは、世界をリードする治療革命を起こす企業と日本の医療ニーズを、ライセンス契約や国内開発および商業化を通して結びつける企業です。その分野は、医薬品、細胞および遺伝子治療、体外診断薬、デジタルヘルス分野におよんでいます。


<お問い合わせ・ご連絡先>

ヘカバイオ株式会社

担当:田中 眞里

info@hekabio.com

℡:03-6205-7585

最新記事

すべて表示

AlphaTau Medical LtdとHealthcare Capital Corp.が合併し、アルファ粒子線照射による固形腫瘍の治療に焦点を当てた10億ドル規模の上場企業を設立

ヘカバイオ株式会社のパートナー企業であるAlpha Tau Medical Ltd は7月9日(現地時間7月8日)に、Special Purpose Acquisition Company(特別買収目的会社)であるHealthcare Capital Corp.(Nasdaq:HCCC)と共に上場企業を設立し、2021年末にかけてNasdaqへ上場すると発表しました。 両社によるプレスリリースはこ

ポリープ状脈絡膜血管症(加齢黄斑変性症の一種)の先進的治療を開発するSalutarisMD社とライセンス契約を締結

ヘカバイオ株式会社(以下、ヘカバイオ)は、加齢黄斑変性症の中でもアジア人に多いポリープ状脈絡膜血管症(PCV)の治療のため開発されたBetaCurveの日本におけるライセンスおよび商業化の契約をSalutaris Medical Devices Inc.(以下SalutarisMD社)と締結しました。 同社が開発したBetaCurveは、Sr90(ストロンチウム90:放射性同位元素)を用いたβ線を

新株発行により4億円の資金調達を達成

ヘカバイオ株式会社(東京都中央区日本橋本石町3-3-16)は2021年1月29日付にて4億円の第三者割当増資を行いました。 今回の増資により調達した資金は、今後当社が開発を手掛けるポートフォリオを拡充させるために活用いたします。 当社は、人々の医療と健康への貢献を使命として、世界への窓口として日本にベースに置き、海外の製品の導入に特化して開発や市場化を行っています。がん、線維性疾患、自己免疫性炎症