α粒子線による新たながん治療 - Alpha DaRTの治験計画届書をPMDAに提出


ヘカバイオ株式会社(東京都中央区、代表:クレア・ロバート・エヴァンズ)は、独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)にα(アルファ)粒子線によるAlpha DaRT(アルファ・ダート)の治験計画届書を提出しました事をお知らせいたします。これにより、2019年5月を目途に放射線治療の既往がある再発性の頭頸部がん、及び、放射線治療の既往があり内科的治療非奏功で他に治療の選択肢がないと判断された再発性・難治性の乳がんの患者さんを対象に、国内臨床試験を開始する予定です。

日本においてAlpha DaRTは、従来の放射線治療と異なる新しい治療法であり2021年の市場導入を目指して開発を進めています。



Alpha DaRT は海外臨床試験で高い奏効率を発揮(2018年米国放射線腫瘍学会にて発表) - 完全奏効率73.3%、反応率100%


Alpha DaRTはイスラエルのAlpha Tau社が開発し、昨年のイスラエル及びイタリアにおける頭頸部癌を対象とした臨床試験において優れた治療効果を示しました。欧州において昨年10月に既にCEマーク認証申請済みです(患者数15例、経過観察期間30~45日間;完全奏効率73.3 %、反応率100 %)。なお被験者の忍容性は良好でした。



AlphaDaRT - α粒子線による新たな放射線治療


AlphaDaRTは、α粒子を放射するシードを固形腫瘍に留置することにより、シード周囲のがん細胞を死滅させる治療法です。これまでの放射線治療(X線、γ線治療)では治療効果が低い或いは期待できない腫瘍、すでに放射線治療を施した腫瘍、化学療法で治療効果が得られなかった腫瘍に対しても効果が期待できることが最大の特長です。また、従来のがん治療との併用や、腫瘍周辺健全組織に対する影響を最小限に抑えることが期待されるため、患者さんへの負担が少ない治療が目指せます。なお、AlphaDaRTによる治療は、基本的に入院を必要としません。



ヘカバイオ株式会社について


ヘカバイオは、海外のヘルスケア・イノベーターとパートナーシップを組み、「特別目的事業体- Special Purpose Vehicle (SPV)」の設立によって、日本のアンメット・メディカル・ニーズを埋めるべく、海外の革新的な治療を日本の患者さんへお届けできるように活動をしているバイオ企業です。


豊富な経験とネットワークにより、がん、自己免疫性炎症性疾患、中枢神経変性疾患領域を中心とした製品の臨床開発や、商業化業務を主に行っています。法令遵守の下、海外の製薬企業に対し最適なサービスを提供し、早期の市場化を目指し、日本と世界との橋渡し役となるよう心がけて業務を行っております。弊社ネットワークを最大限活用し、希少疾病や難病と戦っている患者さんのニーズに応えるべく、あらゆる努力を惜しまず邁進していく覚悟です。


Alpha Tau Medicalの他、Orgenesis社とのパートナーシップにより先進細胞治療の日本への導入も手掛けています。



Alpha DaRTを開発したAlpha Tau Medical社(イスラエル)について

Alpha Tau Medical社は、2003年にテルアビブ大学で開発された固形癌の治療のためのAlpha DaRT(Diffusing Alpha-Emitters Radiation Therapy)テクノロジーの研究、開発、および商業化に重点を置くイスラエルの医療機器会社です。

同社は「私たちは情熱を持って研究と人類に向き合い、世界中の何百万人もの患者さんの腫瘍を破壊しつつ健康な組織を守り、患者さんの命を救う事ができるがん治療を可能にするよう努めています。」というミッションを掲げ、活動をしています。

  

Alpha Tau Medical社について、詳しくはこちら→http://www.alphataumedical.com/

最新記事

すべて表示

AlphaTau Medical LtdとHealthcare Capital Corp.が合併し、アルファ粒子線照射による固形腫瘍の治療に焦点を当てた10億ドル規模の上場企業を設立

ヘカバイオ株式会社のパートナー企業であるAlpha Tau Medical Ltd は7月9日(現地時間7月8日)に、Special Purpose Acquisition Company(特別買収目的会社)であるHealthcare Capital Corp.(Nasdaq:HCCC)と共に上場企業を設立し、2021年末にかけてNasdaqへ上場すると発表しました。 両社によるプレスリリースはこ

ポリープ状脈絡膜血管症(加齢黄斑変性症の一種)の先進的治療を開発するSalutarisMD社とライセンス契約を締結

ヘカバイオ株式会社(以下、ヘカバイオ)は、加齢黄斑変性症の中でもアジア人に多いポリープ状脈絡膜血管症(PCV)の治療のため開発されたBetaCurveの日本におけるライセンスおよび商業化の契約をSalutaris Medical Devices Inc.(以下SalutarisMD社)と締結しました。 同社が開発したBetaCurveは、Sr90(ストロンチウム90:放射性同位元素)を用いたβ線を

新株発行により4億円の資金調達を達成

ヘカバイオ株式会社(東京都中央区日本橋本石町3-3-16)は2021年1月29日付にて4億円の第三者割当増資を行いました。 今回の増資により調達した資金は、今後当社が開発を手掛けるポートフォリオを拡充させるために活用いたします。 当社は、人々の医療と健康への貢献を使命として、世界への窓口として日本にベースに置き、海外の製品の導入に特化して開発や市場化を行っています。がん、線維性疾患、自己免疫性炎症