Vorpal TechnologiesはMCRAの傘下へ

この度、HekaBioは、子会社であるヴォーパル・テクノロジーズ株式会社と、MCRA LLC(米国、ワシントン州)の合併を発表できることを嬉しく思います。

米国ワシントンDCに本社を置くMCRAは医療機器・体外診断薬の薬事、臨床、および保険償還分野の大手コンサルティングであり、米国に3オフィス、ヨーロッパに1オフィスを構えるフルサービスのCROです。

Vorpalは、新カテゴリーMedTech 分野の承認の日本におけるリーダーであり、直近1週間で3つの承認を取得し、2021年の成功を締めくくりました。

この合併により、Vorpalは拡大を加速し、世界の革新的なMedTech技術の日本への最高のポータルとしての需要に応えて参ります。

この買収によりHekaBioは、以下の重要な点で利益がもたらされます。

1)グローバルレベルでのMCRAとの継続的な戦略的提携

2)戦略的パートナーの拡大と、Alpha Tau MedicalやSalutaris MDなどの社内プログラムの推進に重点を置くことが可能 

最新記事

すべて表示

放射線療法後の再発性頭頸部がんにおけるAlphaDaRTの安全性と有効性を評価する、国内のオープンラベル試験が完了しました。 暫定的な試験結果は非常に有望であることをお知らせできます。 今後HekaBioは、医療専門家と連携して分析を継続し、当局と協議の上、承認申請に取り組んでまいります。 この重要なマイルストーンに到達できた事は感慨深く、この治療を一日でも早く患者さんへ提供できるべく、引き続き活

ヘカバイオ株式会社のパートナー企業であるAlpha Tau Medical Ltd は7月9日(現地時間7月8日)に、Special Purpose Acquisition Company(特別買収目的会社)であるHealthcare Capital Corp.(Nasdaq:HCCC)と共に上場企業を設立し、2021年末にかけてNasdaqへ上場すると発表しました。 両社によるプレスリリースはこ

ヘカバイオ株式会社(以下、ヘカバイオ)は、加齢黄斑変性症の中でもアジア人に多いポリープ状脈絡膜血管症(PCV)の治療のため開発されたBetaCurveの日本におけるライセンスおよび商業化の契約をSalutaris Medical Devices Inc.(以下SalutarisMD社)と締結しました。 同社が開発したBetaCurveは、Sr90(ストロンチウム90:放射性同位元素)を用いたβ線を